会社設立

会社設立  商業登記に関するご相談

会社は設立登記をして、初めて設立したことになります。

souzoku

会社は設立登記をして、初めて設立したことになります。
つまり、この日本に登記のない会社は存在しないということです。
その後、会社の状況が変化し登記の記載と食い違うことになった場合は、すみやかに登記申請をする必要があります。この登記申請を怠ると、罰金刑に処されます。

当事務所では、会社設立までの一連の事務手続を当事務所ですべて行います。お客様に行っていただくことは、書類への押印等の簡単な手続ですので、時間 や労力を軽 減でき、設立の準備に専念していただけます。

※2006年度商法改正により、これまで1,000万円の資本金が必要だった株式会社の設立が、1円からでもできるようになりました。


会社設立時のご注意


会社設立手続きには、定款作成・認証、必要書類作成、資本金振込み、登記といった手続が必要であり、
面倒です。しかし、会社設立手続は会社の基礎を定める重要な手続です。
将来の繁栄に向けての第一歩として慎重且つ迅速に行いましょう。


手続きはお早めに

法律上、会社は登記をすることで初めて誕生すると定められています。登記をしてないと会社は事業を始めることは出来ません。一方、会社設立の手続は法務局の登記審査だけでも1週間かかります。早く事業を開始されたい方は早めに手続に着手する必要があります。

届出、営業許認可もお忘れなく

登記完了で会社設立の手続は終わりますが、会社設立後も、市区役所、税務署、社会保険事務所、労働基準監督署などいろいろな 場所へ届け出が必要となります。また、業種によってはあらかじめ営業許認可が必要となるものもあります。お忘れになると、営業を開始できなかったり、思わぬ不利益を受けることもありますので、ご注意下さい。

事務所案内 ブログ 採用情報 廣田行政書士事務所 日本司法書士会 法テラス 滋賀県司法書士会 調停センター「和(なごみ)」 リーガルサポート
相続 不動産登記 会社設立 医療法人設立 裁判業務 成年後見制度